【2020年版】新作おすすめ人気無料ゲームアプリ【アプリコット】

アプリコットでは、RPGやお手軽パズルで爽快感抜群の新作おすすめ無料ゲームやシューティング【WOTBの戦術、戦略】その他、動画、ギャンブル系、占いなど様々な情報や人気アプリを紹介しています。

star 人気RSS

【WOTB WiKi】戦車いろいろランキング集②

time 2019/12/15

【WOTB WiKi】戦車いろいろランキング集②

【WOTB WiKi】戦車いろいろランキング集②

俯角ランキング

1位:NC27Otsu (-22°)

Tier 1 日本 軽戦車 Renault Otsu / ルノー乙型戦車

ro.jpg
image_0.jpeg
37mm Sogekihouを装備。

名称から察する通り、この戦車はフランスから輸入されたものである。
日本ツリーは基本軽装甲で有名だが、この車両はTIer1にしては重装甲であり、そこそこ弾く

解説

WarGaming社によると日本人プレイヤーへのサプライズとのことで本家PC版と違いフランスツリー、中国ツリーより一足早い実装となった。この戦車はそんな日本ツリーの出発点に位置する。本車両を含めて全体的に俯角が優れている。この車両で俯角を生かした立ち回りを練習しておこう。

立ち回り方

さて、日本ツリー最初は輸入戦車であるルノー乙型になる。
中武装、低速、固めの装甲
もう一度言う。固めの装甲

武装は平均的である。
俯角がゲーム内トップの22°なので、通常あり得ないような位置でハルダウンできたりする。尚、これは被弾面積を少なくするためのものであり、弾くなら車体の方が硬い。

特徴

長所

  • 珍しく固めの装甲(日本中戦車ツリー最初で最後の重装甲戦車)
  • 俯角が大きい
  • チハたんより硬い

短所

  • ノロノロとした足
  • 頭が柔らかくハルダウンすると簡単に抜かれる場合もある

歴史背景

wikipediaより引用

image_1.jpeg

日本陸軍は、ルノーNC型戦車の購入を打診され、1930年(昭和5年)にフランスから1個中隊分(約10輌、12輌説もあり)を輸入した。運用側では、以前に輸入したルノー FT-17軽戦車と区別するために、「ルノー乙型戦車」と呼称した。

元のルノーNC型戦車にはピュトーSA18 37mm戦車砲搭載型とオチキス機銃搭載型があったが、後の日本陸軍への導入時に37mm改造狙撃砲と6.5mm改造三年式機関銃に換装された。

日本の戦車生産能力の不足もあって輸入されたルノーNC27であったが、性能は軍が期待したほどではなく、前年に仮制式化された国産の八九式軽戦車を下回るものであった。
転輪軸が折れたり、ハッチなど扉を開けても車内が加熱しやすくエンジン冷却液の補充が頻繁に必要になるなど故障やトラブルが多く、納入された車両には時速18キロも出ない物もあったという。ルノーの技師を呼んだが、日本の湿気が多い環境や、連続走行など日本側の運用に問題があると突き放され、中華民国など諸外国への売却を考えたが実現せず、最終的に技術本部で対策を施す改修をした。

2位:M2Mdium(-20°)

Tier 3 アメリカ 中戦車 M2 Medium Tank

image.jpeg

生産開始時には既に時代遅れだったという不運な戦車であるが、
様々な機構が取り込まれその成果は後のM4に反映された。
目立った戦果こそないものの、アメリカの戦車開発において重要な車両の一つである。

本ゲームでは、そこそこの汎用性を持つTier3中戦車である。

解説

装甲

同Tierの軽戦車などと比べれば若干正面装甲が厚く、榴弾に貫通されない利点を持つ
とはいえ車体左右の機銃塔部分と側面、背面装甲や初期砲塔は薄いので榴弾砲や機関砲には常に注意しよう。
改良砲塔にすると装甲厚が改善されるほか、オープントップになり、視界が210mから240mと大きく伸びる。

改良砲塔では俯角を-20°も取ることができ、通常ではありえないような位置でのハルダウンができる

  • 75 mm Howitzer M3
    通常弾が貫通力の低い榴弾であるなどクセが強いもののTier3戦車にしては強力な単発火力を持つ
    特殊な弾道と合わせて命中率がかなり悪く、弱点を狙うことには適さないので、側背面に回り込むか、確実に爆風ダメージ(平均して90ダメージくらいを狙える)を取るか、貫通力91mmを誇る代わりに爆風ダメージが発生しない課金弾(HEAT)を使うかなど細かい判断が必要になる。
    履帯に命中すると、HEATは大きく貫通力を削がれ、榴弾は僅かな爆風ダメージしか与えられない(その代わりに履帯を切断できる)ので注意が必要である。
  • 37 mm Gun M6
    榴弾砲とは対照的に、精度・発射速度に優れている
    単発火力やDPMでは75mmに及ばないものの、安定してダメージを与えることができるのでまだ腕に自信がなかったり、榴弾砲が苦手な人はこちらを使うといい。

立ち回り方

blitzの操作に慣れてきたら「ハルダウン」という戦法を用いるといい。
車体を障害物や地形によって隠し、どの戦車でも基本的に硬い砲塔だけを相手に見せることで、被弾面積の縮小などと合わせてこちらが射撃可能なまま高い防御力を発揮できる有効かつ今後必須になる戦法である
この車両は車高が高く、俯角も-20°もあるので様々な地形でハルダウンすることができる初心者にはうってつけの練習台と言える。

特徴

長所

  • 非常に広い俯角
  • 高い単発火力
  • 広めの視認範囲

短所

  • やや低い機動性

3位:D1(-18°)

Tier 2 フランス 軽戦車 D1

IMG_0141.PNG

v3.6.0で追加されたTier2のフランス軽戦車。
低速で、やや堅固な装甲を持つ戦車。

解説

v3.6.0で追加されたTier2のフランス軽戦車。

火力

選択できる砲は最終砲の47mm SA34以外RenaultFTと同じだが、装填時間や照準時間などが改善され全体的に使いやすくなっており、砲塔を開発することで更に砲性能は増す。

  • 25mm Canon Raccourci Mle. 1934
    一発の威力こそ小さいものの、分間40発という脅威の連射速度と照準時間の短さから速射が容易で、加えて走行中でもレティクルが小さいため行進間射撃の命中率が高い
    十分な貫通力も相まって、移動しながら敵を蜂の巣にすることが可能だ。
    クレジットに余裕がなければ、こちらの砲を推奨する。
    ただしこの砲の欠点として、距離減衰や射程が機関砲並みに設定されている点が挙げられる。
    遠距離戦はせずに距離を詰め、精度を活かして敵の弱点に撃ち込んでいく戦術が良いだろう。
  • 47mm SA34
    単発威力は十分で距離減衰が小さく有効射程も長い
    しかし、通常APの貫通力が25mmと非常に乏しいため、同格はおろかTier1のルノータイプの車両にさえ頻繁に弾かれる。
    側面攻撃の難しい本車ではAPCRを頻繁に使わないとまともに戦えない。幸い、総弾数は豊富なので、APCRを40発ほど装備しておくのが望ましい。クレジットに余裕がなければ、こちらではなく25mm砲を使おう。
    ただし、APCRでも貫通力は、25mm砲のAPと同じ46mmしかない。Tier3のT-127やLTPは正面からでは全く貫通できない。同格でもM2Lightなどに昼飯の角度を取られると貫通させにくい。
    加えて精度が悪いため、せっかくの射程も活かしにくい。総合的に使い勝手が悪く、25mm砲とは対照的な性能と言える。

装甲

車体全周30mmと側背面も均一な装甲を持っているのが特徴で、一部30mmよりも薄い部分もあるが、傾斜が存在するため大きな弱点とはならない
側背面から車体に貫通力30mm未満の機関銃を撃ち込まれてもものともしない生存性を持っている。
それでも30mm装甲というのは正面から大抵の砲に貫通される他、T82の10榴、T18やM2MdiumTankの75mm級榴弾の直撃を受けると、貫徹しなくとも爆風ダメージを受けてしまう危険性がある。改良砲塔は全周35-40mmとこのTierにしては中々の装甲を持つ。
特筆すべきは日本戦車並みかそれ以上に大きな俯角であり、砲塔を換装すれば全ての砲で-18度となる
他の戦車では車体を乗り出さなければ撃てないような急斜面からでも砲塔だけ出して簡単に砲を相手に向けられることができ、これは大きな利点となっている。

機動力

他国に比べて鈍足なフランスTier2軽戦車の中でも最も遅い
エンジンは換装しても僅か9馬力しか上昇せず、たった28km/hの最高速度すら平地では満足に出せない。
さらにそこに至るまでの加速も鈍い。
マップの大体どこでよく戦闘になるかを覚えて、ロスなく移動する事が重要になる。
エンジンが損傷すると、もはや坂道は殆ど登れなくなるレベルであり、修理キットは毎回積んでおこう。

総論

他国戦車にくらべ威力や貫通が一歩劣る砲から、時には敵味方から舐められることもある。
ただし砲塔装甲の厚さと俯角、精度の良い速射砲を活かして、稜線射撃や昼飯の角度を適切に実行すればヘイトの低さからは想像もつかないような大戦果を挙げられるかもしれない


特徴

長所

  • そこそこ硬い改良砲搭
  • 18度もとれる良好な俯角

短所

  • 機動力が低い

 

star 人気RSS

down

コメントする




Optionally add an image (JPEG only)

カテゴリー

アーカイブ

アーカイブ

Facebook