【2019年版】新作おすすめ人気無料ゲームアプリ【アプリコット】

アプリコットでは、RPGやお手軽パズルで爽快感抜群の新作おすすめ無料ゲームやシューティング【WOTBの戦術、戦略】その他、動画、ギャンブル系、占いなど様々な情報を紹介しています。

star 人気RSS

【WOTB WiKi】要注意車両 初心者にとっての脅威!!

time 2019/11/17

【WOTB WiKi】要注意車両   初心者にとっての脅威!!

要注意車両

概要

格下、初心者にとって脅威となるであろう車両をまとめた、初心者向けページです。
ここでは、まだ実戦経験の浅い戦車長を恐怖に陥れる、典型的な「要注意」車両をまとめて紹介しています。
「ちょ、弾が全然貫通しないんですけど!」
「短時間に何発も撃たれて、気づいたらHPがほとんどゼロに!」
「HP満タンだったのに、相手に1発撃たれただけで死んだ!」
などといった経験はありませんか?戦いは時の運とも言いますが、敵を知り己を知ることで有利となるのもまた事実。
戦場で遭遇した際に、慌てて無謀な闘いを挑んだり、為す術も無く一方的にやられてしまう……などということの無いように、本ページで予習しておきましょう。

初心者にとっての脅威

初心者が手も足も出せずにやられる要因は、大きく分けて次の3つです。

  1. こちらの砲撃が貫通しない
  2. 一方的に攻撃を食らう
  3. 相手の1撃で撃破される

これらの失敗は、敵車両の特性を把握することで、大きく減らすことができます。


タイプ1 : 重装甲の戦車

特徴

  • こちらの攻撃が貫通しない
  • その1両に集中しすぎて、他所への注意がおろそかになる

対処法

  • 課金弾を使用する
  • 弱点(装甲の薄い部分など)を狙う
  • 背面などに回り込む
  • (最悪の場合)後回しにする、無視して他の戦車に任せる

補足

  • 課金弾(APCRやHEATなど)で貫通できることがほとんどです。課金弾といっても、クレジット負担で無課金プレイヤーでも使えますので最低で数発は必ず用意しておきましょう。
  • 固い戦車とは言え、ゲームバランスのために大抵は弱い部分があります。例えば正面は固くても側面や背後は比較的貫通しやすいことが多いです。
  • 正面にも弱点がある場合もあります。例えばT18は傾斜があるところは弱いです。ただし、上手な人はそういった弱点を障害物などで隠しながら戦います。
  • また、重装甲車両は防御に優れますが、動くのが遅く単発火力は比較的弱い車両もあります。MatildaやAT 2などです。そういった相手は撃破まで時間がかかりますので、執着しすぎると、その間に味方が溶けてしまい負けることが多いです。低速車両は一旦退いても追撃して来られませんので、後回しにして最後に味方全員で取り囲んで倒すのが良策です。
  • 場合によっては、その敵は他の味方に任せてしまってもよいかもしれません。このゲームの戦車には、相性というものがあります。重装甲車両はあなたの車両からは貫通できなくても、上位Tierの車両には難なく貫通出来ることが多く、また、同格や場合によって格下でも貫通力に優れる車両はありますので、装甲に歯が立たない場合はそれらの味方に任せ、自分は相性の良い敵の撃破に向かいましょう

     

    該当車両例

 

4.png Helzer (Tier4)

とても固い前面装甲で敵の砲弾を弾きまくりながら、10榴で致命傷を与えてくる恐ろしい駆逐戦車である。その速力も侮れない
対処法はT82やT18と殆ど一緒で、至近距離で砲を向けられないように動きつつ背中を撃っていく(NDK)。一撃の攻撃力が重いため、正面から近づいてはいけない。正面は分厚いが背側面はとても薄い。回り込んで背中を撃っていれば一方的に攻撃できる。ただし旋回が早いので、狭い場所では周りの障害物などに十分に注意すること。
  • 3.png B1 (Tier4)
    B1とB2は、マチルダには劣るものの厚い装甲とマチルダには無い機動力を持つ(30km程度)。挙動も重戦車としては軽くNDKにも対応してくる。正面に弱点があるが機関砲では歯が立たず、一方的に攻撃を受けてしまう。できる限りタイマンは避けよう。また、DPMと貫通は低いものの装填は速く、ほぼ連射のイメージで豆鉄砲を撃ってくる。マチルダと同じように装甲に手こずって長時間関わるとヘルスを持ってかれてしまうので気をつけよう。単発は低いので単発のダメージ交換か裏を取って一撃離脱すると良いだろう。また駆逐やT-28、M3Leeといった高貫通、高DPM車両であれば撃ち勝てるので積極的に連携してみよう。
  • 3.png Matilda (Tier4)
    全周70mm前後の厚い装甲と高貫徹力の豆鉄砲を装備しており、非常に厄介な相手である。とにかく装甲が厚く、格下から見れば真っ赤な事が大半だろう。同格でも機関砲などでは歯が立たない。対処法としては、機動力がかなり低いので後ろに回り込んで攻撃すること。唯一車体背面上部の傾斜部分は装甲の中でかなり薄く、(傾斜込みで30mm程度)。もしここを貫通できないなら味方に任せて無視するのが得策。
    また、この車両は主砲がかなり厄介である。貫通力はもちろん、1発の火力が無いため、初心者は「攻撃を食らってもあまりHPが減らない」と感じ、引かずに撃ち合うことが多い。その結果、気づいたらヘルスが半分以上持っていかれている、なんてこともある。無理な打ち合いは避けておこう。
  • 3.png KV-1 (Tier5)
    初心者を最も恐怖に陥れる戦車の1つ。堅い装甲、強火力砲、tier5最強戦車の一台であるが、対策さえ分かれば恐れるに足らない。
    まず装甲だが、砲塔がカクカクした形の初期砲塔なら側面や背面が傾斜含め75mm程度なので貫通させることは容易。丸みを帯びた改良砲塔だと全周傾斜を含めると120mmほどになるため、あまり狙わない方がよい。車体は前面の機銃や覗き穴、車体下部が85mm程度なのでよく狙って撃てば貫通するだろう。側面は75mmで履帯を含めても95mm前後である。なるべく垂直に(車体にたいし90度で)車体後部に攻撃すると、エンジンやら燃料タンクの炎上も狙える。後面も車体上部が60mm、車体下部が75mmで弱点だ。
    次に砲だが、ポンポン撃ってくる豆鉄砲と、一撃が重めの榴弾砲、それらの中間の砲がある。豆鉄砲と中間の砲の場合は本車は後回しにし、最後に囲んで叩こう。榴弾砲の場合、発砲したらすぐに側背面を取り、履帯を切りながら相手の砲身の反対側に回るようにすれば、装填と旋回速度が非常に遅いので簡単にNDKができてしまう。

    AT2(Tier5)

    鋼鉄製の動くトーチカ。その脅威的な正面装甲(203mm)は同格のほぼ全ての弾を弾き、格上でも貫通は困難。同格の場合、課金弾でようやく正面を撃ち抜ける程度。
    砲は射撃間隔が短く一撃が低い。同格や格下の戦車ならば、コイツはなるべく最後に残し、他の取り巻きの戦車を片づけよう。孤立させて背面を取ればさして恐ろしい敵ではない。
    側面を撃つときはなるべく履帯ではなく車体を撃とう。慣れてきたら、斜めの角度から転輪を撃ち抜けば、履帯切りも出来るしダメージも入る。次回は、タイプ2 : 一度に沢山の弾を撃ってくる戦車を掲載します。

star 人気RSS

down

コメントする




Optionally add an image (JPEG only)

カテゴリー

アーカイブ

アーカイブ

Facebook